ホワイトニングで素敵な笑顔

さりげない素敵な笑顔は、魅力的な女性にとって
なくてはならない要素のひとつ。
しかし、にっこりと笑った時に、歯が汚れていたり黄色かったりしたら、
せっかくの笑顔も台無しになってしまいます。
白くて美しい歯は、美人になるための必須条件といっても過言ではありませんね。

歯を白くするために歯科医院やクリニックなどで、
古くから行われていたホワイトニング。
以前はかなりの金額をかけないと、行えなかったホワイトニングですが、
近年では薬剤や歯科技術の向上にともない、
比較的安価にホワイトニングの施術を受けることができるようになってきました。

より手軽に行えるホームホワイトニング

さらに、自宅でホワイトニングを行えるオーラルケアグッズも、
安価で質の良いものが販売されるようになってきたことから、
より手軽にホワイトニングを行うことができる、
ホームホワイトニングも注目されるようになってきています。

安いものなら1000円前後のものから用意されており、
ホワイトニングを考えるユーザーの裾野も確実に広くなってきています。

また、歯科医院でマウスピースを製作してもらい、
自宅で専用の薬剤を塗るという本格的なホームホワイトニングもあります。

即効性があるオフィスホワイトニング

歯科医院やクリニックなどで行うオフィスホワイトニングは、
ホームホワイトニングに比べると、多少金額はかかりますが、
その分すぐに効果が期待できます。

対して本格的なホームホワイトニングの場合は、ある程度継続して行わないと、
効果が出てこないケースが多いようです。
しかしその分、白さを保つことができる持続性も高いといわれています。

どちらも一長一短といったところですが、
ホワイトニングのために用意できる予算や時間など、
状況にあわせたホワイトニング方法を選ぶとよいでしょう。

オフィスホワイトニングは保険適用外

ちなみに歯科医院やクリニックなどでのオフィスホワイトニングについては、
審美歯科となり、基本的に保険適用外での治療になってしまいますから、
一度だけでも数万円程度の費用が必要となってきます。

余程ホワイトニングにお金をかけられる場合でない限り、
ホームホワイトニングのほうが一般的だといわざるを得ないですね。

先日、薬局で歯ブラシを見ていたらホワイトニング用の歯ブラシというのがあって、
マジマジと見てみました。歯ブラシの先端よりの中央にホワイトニングパッドという、
ステインを除去する部分があって、見た目はまるで消しゴムのよう。
さらに歯ブラシの毛には、ステイン除去のために細かい凹凸がついているとか、
これは目視ではよくわかりませんでしたが、こういった歯ブラシ。
いったいどの程度の効果があるんでしょうか。

多分、この歯ブラシを使っただけでは、
あんまり効果は期待できなそうだな・・・という印象をもってしまいました。
本格的にホームホワイトニングをしたいのならば、なにか他のホワイトニング剤と
一緒に使うようにすれば効果は期待できるのではないかと思います。